鈴木牧之『北越雪譜』二編巻之四「異獣」より

猿に似て猿にあらず

 越後の国、魚沼郡堀内から十日町へ越える七里あまりは、途中に村々があるとはいえ、険しい山中の間道である。
 十日町の縮(ちぢみ)問屋から堀内の問屋へ『白縮いかほど急ぎ送られたし』と言ってきたので、堀内方ではその日の昼過ぎ、竹助という屈強な男に荷物を背負わせて送り出した。
 道を急いで半ばまで来たところで、日は午後四時に近く、竹助は道ばたの石に腰かけて、焼飯を食いながらしばし休息した。

 するとそこへ、谷間の根笹を押し分けてやって来る異様な獣があった。近寄ったのを見ると、猿に似ているが猿ではなかった。
 頭髪が長く背に垂れて、その半分ほどは白髪だ。背丈は常人より高く、顔は猿のようだが赤くない。眼が大きく、ぎらりと光を放っている。
 竹助は剛胆な男だったので、用心のために差してきた山刀を抜き、寄らば斬るぞと身構えた。しかし、その獣は襲いかかるような気配はまるでなく、竹助が石の上に置いた焼飯を指さして、『くれよ』と乞う様子をした。
 焼飯を投げ与えると嬉しげに食った。それで竹助も心を許して、さらに与えると傍に寄ってきて食った。
「おれは堀内から十日市へ向かう者だ。明日も戻りでここを通るから、また焼飯をやろう。急ぎの使いだからもう行くぞ」
 竹助がこう言って、下ろしていた荷を背負おうとすると、獣はその荷物をとっていとも軽々と肩に担ぎ、先に立って歩きだした。
 竹助は、さては焼飯の礼に手助けしてくれるのだなと、あとについていった。獣はまるで荷物などないかのように進み、険阻の道もたやすく越えて一里半、池谷村近くまで来たとき、荷物を下ろして山に駆け上った。

 『……あの速さは風のようだった』と竹助が十日町の問屋で詳しく語ったのを、今に言い伝えている。
 これは四五十年前のことで、そのころは山仕事をする者が、時々この異獣を見たものだそうだ。



 また、池谷村の人が、十四五歳のころ聞いたこんな出来事を語った。

 村の娘に、特別の縮を誂える際には問屋から指名を受けるほどの機織りの名手がいた。
 その娘が、まだ雪の消え残る窓べりで機を織っていてふと気づくと、窓の外から何ものかが覗いていた。
 猿のようだが顔が赤くない。頭髪を長く垂らし、人よりは一回り大きい体格だった。
 家族のものはみな山仕事に出ていて、家には娘独り。恐ろしさに逃げようとするが、機織りの最中だったので身にいろいろと絡みつき、思うにまかせない。そうこうするうち、そのものは窓辺を去ってかまどの傍に行った。しきりに飯びつを指して欲しそうにしている。
 娘はかねてより飯を欲しがる異獣のことは聞いていたので、飯を握って二つ三つ与えると、獣は嬉しそうに持ち去った。
 それからというもの、家に娘独りのときは度々やって来て飯を乞うた。娘も馴れて恐ろしいとも思わなくなり、そのたびに飯を食わせてやった。

 あるとき娘は、貴い筋の誂え物だという急ぎの注文を受けて、縮を織りかけたのだが、不都合なことに月経が始まってしまった。
 月経中は機屋に入ってはならないという掟がある。娘はもちろんのこと、両親もどうしたものかと憂え嘆いた。
 むなしく過ごして三日目の夕暮れのこと、家族が留守なのを知ってか、かの獣が久しぶりにやって来た。
 娘が人に話すかのように差し迫った悩みを語りながら、粟飯を握って与えると、いつもはすぐいなくなるのに、このときはしばらく物思わしげに娘を見やり、やがて立ち去った。
 娘の月経は、その夜から止まった。
 そこで身を清めて機屋に入り、期限の内にすべて織り終えた。それを持っていく父親がちょうど問屋に着いたと思われるころ、また月経が始まった。
「きっとあの獣が、わたしを助けてくれたんだわ」
 そう話す娘も聞く人々も、ともに不思議な思いをしたのだという。
あやしい古典文学 No.314