HOME BLOG E-MAIL

あやしい古典文学の壺

古典の森に見出した「奇談」「怪談」「変な話」を語ります。原文に忠実ないわゆる「現代語訳」ではありません。
[あやしい古典文学の壺]の内容の無断転載・改変流用を禁じます。


5冊目のKindle版電子ブック『怪の壺 妖物どよどよ草』を発刊しました。
詳しくは こちら をご覧ください。

No.1846 奇肱国 2024.02.21 UP
No.1845 老過国 2024.02.21 UP
No.1844 狐の子、人の子 2024.02.11 UP
No.1843 最勝寺山の猫又 2024.02.11 UP
No.1842 訝しいこと 2024.02.01 UP
No.1841 光るもののこと 2024.02.01 UP
No.1840 筑前の妖物 2024.01.21 UP
No.1839 蝦夷鼠 2024.01.21 UP
No.1838 羽民の国 2024.01.11 UP
No.1837 無腸人 2024.01.11 UP
No.1836 猪に乗って去る 2024.01.02 UP
No.1835 岩上の人面 2024.01.02 UP
No.1834 雪童 2023.12.21 UP
No.1833 白餅の怪 2023.12.21 UP
No.1832 蛇気 2023.12.11 UP
No.1831 怨みの蛇 2023.12.11 UP
No.1830 蜘蛛が来る病 2023.12.01 UP
No.1829 赤蜘蛛 2023.12.01 UP
No.1828 惣助失踪 2023.11.21 UP
No.1827 機転の泥棒 2023.11.21 UP
No.1826 酒飲みの根源 2023.11.11 UP
No.1825 雲中の美女 2023.11.11 UP
No.1824 黒奴毒死 2023.11.01 UP
No.1823 琉球葬礼 2023.11.01 UP
No.1822 蛇を狩る蟹 2023.10.21 UP
No.1821 猿手の狸 2023.10.21 UP
No.1820 河童遊行 2023.10.11 UP
No.1819 柳川の河童 2023.10.11 UP
No.1818 天狗の漁猟 2023.10.01 UP
No.1817 井戸に落雷 2023.10.01 UP
No.1816 みずから陰茎を切る 2023.09.21 UP
No.1815 尻突き 2023.09.21 UP
No.1814 三面村 2023.09.11 UP
No.1813 出羽国毒虫の説 2023.09.11 UP
No.1812 朽木のような塊 2023.09.01 UP
No.1811 大物の運搬 2023.09.01 UP
No.1810 くだという怪獣 2023.08.21 UP
No.1809 オサキ狐 2023.08.21 UP
No.1808 草庵の大鼠 2023.08.11 UP
No.1807 鼠塚 2023.08.11 UP
No.1806 海の不思議 2023.08.01 UP
No.1805 飛び物 2023.08.01 UP
No.1804 甲斐国七奇異 2023.07.21 UP
No.1803 蓮ノ葉の奇事 2023.07.21 UP
No.1802 ざつくわ 2023.07.11 UP
No.1801 獣鳥 2023.07.11 UP

 

奇談怪談 千話一話

(あやしい古典 No. 1〜200)
(あやしい古典 No.201〜400)
(あやしい古典 No.401〜600)
(あやしい古典 No.601〜800)
(あやしい古典 No.801〜1001)
 

奇談怪談 続・千話一話

(あやしい古典 No.1002〜1200)
(あやしい古典 No.1201〜1400)
(あやしい古典 No.1401〜1600)
(あやしい古典 No.1601〜1800)
 

出典別分類

中古・中世 (120話)
大和物語(1)、今昔物語集(30)、唐物語(1)、古事談(5)、続古事談(3)、撰集抄(1)、宇治拾遺物語(18)、今物語(2)、十訓抄(6)、古今著聞集(33)、沙石集(2)、徒然草(11)、天文雑説(2)、榻鴫暁筆(5)
近世 あ行 (198話)
阿州奇事雑話(7)、蜑捨草(1)、天野政徳随筆(2)
異説まちまち(8)、一話一言(9)、一休はなし(2)、一休関東咄(3)、因幡怪談集(12)、狗張子(5)、異聞雑稿(1)、岩邑怪談録(10)、岩邑怪談録(追加)(8)、岩邑怪談録(続怪談録)(2)、岩邑怪談録・続(2)、因果物語・平仮名本(2)、因果物語・片仮名本(14)
雨月物語(1)、雨窓閑話(1)、梅の塵(3)、裏見寒話(11)、雲錦随筆(2)、雲萍雑志(3)
江戸塵拾(5)、江戸真砂六十帖(2)、江戸真砂六十帖広本(1)、絵本故事談(5)、絵本小夜時雨(2)、絵本百物語(4)、煙霞綺談(8)、燕居雑話(1)、猿猴庵日記(4)
奥州ばなし(6)、鸚鵡籠中記(19)、翁草(1)、御伽厚化粧(1)、御伽百物語(3)、伽婢子(10)、思ひ出草(2)、折々草(3)、尾張霊異記(12)
近世 か行 〔か・き〕 (308話)
怪異前席夜話(1)、怪醜夜光魂(3)、海西漫録(2)、怪談老の杖(13)、怪談御伽猿(4)、怪談記野狐名玉(2)、怪談見聞実記(3)、怪談楸笊(1)、怪談四更鐘(2)、怪談全書(7)、怪談登志男(2)、街談文々集要(7)、怪談名香富貴玉(4)、怪談藻塩草(3)、怪談録(5)、怪妖故事談(10)、かしのしづ枝(1)、傍廂(1)、かたゐ袋(4)、甲子夜話(53)、合浦奇談(6)、仮名世説(3)、嘉良喜随筆(5)、仮寝の夢(1)、閑際筆記(1)、閑窓瑣談(2)、閑窓自語(5)、閑田耕筆(4)、閑田次筆(4)、閑度雑談(2)
奇異怪談抄(8)、奇異雑談集(7)、奇異珍事録(6)、ききのまにまに(2)、義残後覚(2)、奇事談(9)、奇説雑談(2)、橘窓自語(1)、笈埃随筆(4)、九桂草堂随筆(5)、牛馬問(6)、久夢日記(1)、享保日記(5)、享和雑記(5)、虚実雑談集(5)、今斉諧(50)、金玉ねぢぶくさ(1)、織錦舎随筆(2)、近世異聞・耳の垢(16)、近代百物語(5)、金明録(5)
近世 か行 〔く・け・こ〕 (159話)
寓意草(33)、久保田の落穂(1)、訓蒙故事要言(11)
傾日全書(1)、月堂見聞集(9)、蒹葭堂雑録(1)、元禄世間咄風聞集(6)
巷街贅説(5)、黄華堂医話(5)、好色百物語(1)、向燈賭話(4)、向燈吐話・続(16)、紅毛雑話(3)、語園(4)、黒甜瑣語(21)、古今犬著聞集(6)、古今雑談思出草紙(2)、古今百物語(3)、古今弁惑実物語(1)、事実証談(4)、狐媚鈔(12)、今昔画図続百鬼(1)、今昔百鬼拾遺(1)
、今昔参河奇談(8)
近世 さ行 (373話)
斉諧俗談(18)、西鶴諸国ばなし(10)、西鶴名残の友(3)、雑説嚢話(1)、佐渡怪談藻塩草(4)、佐渡奇談(2)、猿著聞集(1)、三州奇談(21)、三州奇談・続(6)
塩尻(7)、事々録(11)、実々奇談(6)、信濃奇勝録(3)、信濃奇談(1)、四不語録(2)、島根のすさみ(3)、拾椎雑話(23)、蕉斎筆記(9)、常山紀談(4)、蠅糞録(3)、諸家随筆集(4)、諸国百物語(29)、諸国里人談(14)、新御伽婢子(12)、新語園(38)、新説百物語(16)、新玉櫛笥(1)、新著聞集(28)
筱舎漫筆(5)、駿国雑志(18)
聖城怪談録(13)、井窓夜話(6)、西播怪談実記(11)、世事百談(5)、雪窓夜話抄(17)、摂陽奇観(1)
宗祇諸国物語(1)、想山著聞奇集(2)、喪志編(6)、即事考(1)、続蓬窓夜話(1)、曾呂利物語(6)
近世 た行 (173話)
醍醐随筆(3)、太平百物語(7)、谷の響(22)、玉櫛笥(4)、玉箒木(1)、譚海(39)、談笈抜粋(4)、膽大小心録(2)
雉鼎会談(1)、中陵漫録(20)、塵塚談(1)
提醒紀談(3)、天明紀聞寛政紀聞(4)
東西遊記-東遊記(9)、東西遊記-西遊記(9)、燈前新話(5)、道聴塗説(4)、東遊奇談(5)、兎園小説(12)、兎園小説外集(1)、兎園小説余録(1)、兎園小説拾遺(1)、宿直草(11)
、土陽隠見記談(4)
近世 な行 (23話)
浪華奇談(3)、浪花見聞雑話(5)、難波噺(2)、南路志(13)
近世 は行 (192話)
梅翁随筆(10)、白石先生紳書(4)、ばけもの絵巻(1)、八十翁疇昔話(1)、咄随筆(18)、咄随筆・続(12)、春雨物語(1)、万国新話(5)、万世百物語(1)、半日閑話(17)
飛州志(2)、飛騨の山(4)、一宵話(3)、一夜船(2)、独寝(1)、百家g行傳(1)
藤岡屋日記(25)、扶桑怪談弁述鈔(1)、筆のすさび(6)、筆のまにまに(5)、文化秘筆(4)
秉穂録(2)
包丁書録(1)、北越奇談(9)、北越雪譜(4)、北窓瑣談(13)、北陸奇談(1)、反古のうらがき(17)、北国奇談巡杖記(3)、本朝怪談故事(1)、本朝語園(4)、本朝故事因縁集(13)
近世 ま行 (94話)
真佐喜のかつら(12)、雑交苦口記(4)、窓のすさみ(4)
耳の垢(13)、耳袋(42)、宮川舎随筆(3)
かしばなし(9)
模文画今怪談(7)
近世 や行 (102話)
大和怪異記(19)
遊京漫録(1)、幽霊之事(6)
妖怪門勝光傳(5)、蓬生譚(5)、蓬生談(66)
近世 ら行 (36話)
楽郊紀聞(8)
理斎随筆(1)、柳庵随筆(1)
列国怪談聞書帖(5)
老媼茶話(21)
近世 わ行 (22話)
我衣(14)、和漢三才図会(1)、わすれのこり(2)、渡邊幸庵対話(5)

座敷浪人の壺蔵 ブログ E-MAIL